見出し画像

「向井ってホモなの?」セクシャルマイノリティがあぶり出す”思春期の悪”『向井くんはすごい!』

【レビュアー/本村もも】

こんにちは。今日ご紹介するのは、セクシャルマイノリティというテーマをめぐる高校生の群像劇、『向井くんはすごい!』です。

この漫画を本屋さんで手に取った時、私はかなり軽い気持ちでした。

淡い水色とピンクの上下巻。絵も可愛らしく、タイトルのフォントもポップ。帯には”向井ってホモなの?”という、まあまあ強烈な言葉はあれど、「この向井くんとやらが巻き起こすドタバタ青春コメディかな〜?」なんて・・勝手に思っていました。

しかし・・・その考えは大間違いでした。

当事者である作者が描くリアル

物語は、スポーツ万能、マッチョで顔も良く、勉強もできて、性格も明るいクラスの人気者の向井くんが、ゲイであることが学校中に知れ渡る、というところから始まります。

画像1

『向井くんはすごい!』(ももせしゅうへい/KADOKAWA)上巻より引用

前述の通り、向井くんはスーパーマンなので、周りは比較的すんなりと受け入れていきます。

そんな向井くんを見て複雑な想いを抱える、セクシャルマイノリティであることを隠している2人のクラスメイト。

SNSで全ての同級生を”監視”し、遠くで見ているだけで、もやもやを募らせるの森谷くん。自分自身がセクシャルマイノリティであることを受け入れられず、向井くんやその周辺に、攻撃的な態度や行動を起こしてしまう寺西くん。

間違っているけど間違っていない。そんな読んでいて苦しくなる二人の複雑な心理描写は、作者であるももせ先生自身の葛藤や、経験が詰めこまれているからこその、生々しさなのかもしれません。

思春期の悪にどっぷり浸かった登場人物たち

ただ、私は本作のメインテーマは”セクシャルマイノリティ”ではなく、思春期の悪、なのではないかと思います。

向井くんのことをきっかけに妙な正義感に目覚めた宮坂さんや、向井くんの”親友”でありながら、実は過去に同性から痴漢をされたことで、同性愛者に嫌悪感を抱いている斎藤くん、”向井くんを応援する”ことでヒーローになろうとする渡辺くん、などさまざまな思惑を持った同級生が登場します。

画像3

『向井くんはすごい!』(ももせしゅうへい/KADOKAWA)下巻より引用

思春期ならではの不寛容さ、己を信じて疑わない行動、自己中心性が、とてもリアルにドロドロと描かれていて、正直読んでいて、心をざわりと逆撫でされるような、心地の悪い描写が多くあります。

思惑に溢れた登場人物たちは、世間では中二病と呼ばれる、思春期の悪にどっぷり浸かっていて、前述の森谷くんや寺西くんも含めた全員、どうにも好きになれません。この心地の悪さは、自分自身の思春期を思い出すからなのでしょうか。

でも、心地が悪いのになぜか読むのことを止められない。作者の伝えたい気持ちにガンガン引っ張られ、ぐいぐい読み込んでしまいます。私は読み終わってすぐ2周目に入りました。

結局、”向井くんはすごい!”

そんな中でも全くぶれない向井くん。冒頭からヒーロー的存在で、異彩を放った描かれ方の向井くんも、もちろん人間なので、表の顔と裏の顔があります。

ゲイであることを広められたときも、「圧倒的に分が悪いのは、僕じゃなくてバラしたほうの人間だ」とどこ吹く風。

勇気を振り絞ってゲイであることを告白した同級生に対しても、「君が思っているほど、みんな他人に興味ないよ」とバッサリ切り捨てしまうような、うっすい反応。

画像2

『向井くんはすごい!』(ももせしゅうへい/KADOKAWA)上巻より引用

非常に計算高く、他人に興味がないし、他人に期待しない。一貫した自分至上主義。世界を達観して生きる向井くん。

きっと本作で一番腹黒いのは向井くんなんだと思います。でも私はそんな向井くんに、爽快さすらも覚えてしまいました。

読み終わってみると、向井くんの見え方は当初と大きく変わります。でも最後には最初の意味とは違った、最初以上の「向井くんはすごい!」を感じられると思います。

絵のポップさとは裏腹に、読む人のコンディションを選び、とくに思春期にトラウマのある方はすこし注意が必要な漫画かなあと思いますが、逸らしてはいけない現実があるようにも思える漫画です。



ありがとうございます、そしてあなたの好きな漫画も教えてください。
読みたい漫画が見つかる漫画のレビューサイト。隠れた名作も、超王道も。様々な業界で活躍する漫画レビュアーたちが、独自の切り口でおもしろい漫画を紹介します。Sponsored by DMMブックス(https://book.dmm.com