『かぐや様は告らせたい』と2本同時週刊連載で赤坂アカ×横槍メンゴのサスペンス漫画『【推しの子】』
見出し画像

『かぐや様は告らせたい』と2本同時週刊連載で赤坂アカ×横槍メンゴのサスペンス漫画『【推しの子】』

【レビュアー/松山洋

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(以下、『かぐや様』)という作品を聞いたことが無い人はもうなかなかいなんじゃないかと思います。

実写映画やテレビアニメにもなった大ヒットコンテンツですからね。

原作はもちろん漫画です。週刊ヤングジャンプで好評連載中です。

描かれているのは赤坂アカという漫画家先生です。しかし実は今回ご紹介する作品は『かぐや様』ではありません。

この赤坂アカ先生が同じく原作を務めている『週刊漫画作品』があることをご存知でしょうか。しかも同じ週刊ヤングジャンプで好評連載中なのです。

それがこの『【推しの子】』という作品です。

わかりますか?今のヤングジャンプには『かぐや様』も『【推しの子】』もどっちも掲載されていて連載されているんですよ!?

どっちも赤坂アカ先生が描かれています。

『かぐや様』は赤坂アカ先生が一人で原作もネームも漫画原稿も描かれていて、『【推しの子】』ではネーム原作を担当して漫画作画は横槍メンゴ先生が担当されています。

それにしてもですよ?

週刊連載を同じ雑誌で2本やろうなんて思いますか?

赤坂アカという漫画家が、今どれだけ滾っていてノリに乗っているかってことが伝わってきます。

しかもどうやら『かぐや様』の連載中に赤坂アカ先生ご自身がヤングジャンプ編集部に対して「連載をもう一本やることって可能ですか?」と提案されたようですよ。

いったいどんな頭の構造をしていれば週刊連載を2本やろうなってことを思うんでしょうね。

過去に週刊連載を継続しながら月刊誌で別の連載をされている作家さんはいらっしゃいましたが、週刊連載を2本やるなんて聞いたことがありません。(やってることがまんま『バクマン。』ですよ)

2本目の連載作は気軽に描けるタイプのものじゃないと到底不可能……って思うじゃないですか!?

違うんですよ、それどころかとんでもなく重厚で面白い作品でかなりヤバいんですよ、この『【推しの子】』ってやつは!

ざっくり要約すると『自分が推していたアイドルの子どもに転生してしまう話』なのですが、めちゃくちゃ面白くて私は第1話を読んで早速「あー、これは売れるわ、また実写映画とアニメにもなるわ、これは凄い、オモロイ」と率直に思いました。

どうしてもアイドルというキーワードが見えている時点で「あーなんかチャラチャラしてキラキラした美少女漫画系」と思われがちですが、実態はとんでもないサスペンスもので芸能界の闇と裏側に徹底的に切り込んだ復讐劇だったのです。

やはり連載が始まる時にも『週刊同時連載!』と話題になりましたが、単行本も売れて早速大ヒットしています。

ちゃんと単行本の1巻=1章という単位で収まるように連載されていますので非常に区切りもよく、また次が気になる展開の伏線が張られる形で次章へと繋がっていくので読み心地も良いです。

また赤坂アカのサスペンス原作に横槍メンゴ先生のキュートな絵柄がここまでマッチするとは思いませんでした。

とんでもないご馳走ですよ、これは。

単行本はまだ2巻までしか発売されていませんのでこれからでも十分に追いつけますよ。

ぜひご堪能あれ!


この記事が参加している募集

読書感想文

マンガ感想文

ありがとうございます、そしてあなたの好きな漫画も教えてください。
読みたい漫画が見つかる漫画のレビューサイト。隠れた名作も、超王道も。様々な業界で活躍する漫画レビュアーたちが、独自の切り口でおもしろい漫画を紹介します。Sponsored by DMMブックス(https://book.dmm.com