新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

狂気と信念が地球を突き動かすーー。これは、異端の傑作漫画『チ。―地球の運動について―』

【レビュアー/おがさん

バケモノみたいな作品が現れた。

1話を読んだ時、そう確信した。理由は「痛み」から始まる話だからだ。

Twitterで拡散されるストレスのない漫画とは真逆のストレスフル作品

漫画を拡散させる為には、もはやSNSは欠かせないツールである。そのなかでもTwitterは漫画好きが多くいるSNSではないだろうか。

そんなTwitterで拡散されやすい漫画には共通点、まさにトレンドが存在する。

2020年のTwitter漫画のトレンドは「ストレスがかからないこと」が条件の一つとしてあったように思う。

2020年は特に、正義という名を持つ大衆の「数の暴力」が、多くの人を疲弊し、傷つけた。コロナ禍中で誰もが行動を制限され、ストレスを抱える生活を送ってきた。

その反動からか、読みやすく、心に負担がかからず、気軽に読める作品が好まれた結果だと推測している。

例えば、動物にひたすら癒される漫画であるとか。

ただただ幸せになれるラブコメであるとか。

最終的に幸せに向かっていったり、いい話としてまとまっている漫画が、拡散されやすい要因であったと思う。

本作は、そういったTwitter上での漫画のトレンドとは真逆の拷問のシーンから始まる。

それにも関わらず、作者である魚豊先生による漫画のツイートは、2,2万いいねを超えていた。これがこの作品の持つ力を示す何よりの証明だろう。(個人的にはこの5倍くらい、いいねがついて然るべきと思っている。)

そして、この作品を「人類がクソおっきい岩を動かす話」とするワードセンスも流石すぎる。

この一コマに全てが詰まっている。物語の開会宣言と言える最高の演出

この物語が最初に追う人物・ラファウは12歳で大学に合格。周りからの信頼も厚く、模範のような生徒だった。エリートコースを進むことが約束された順風満帆な生活だ。しかし、心の底ではこう思っていた。

スクリーンショット 2021-01-24 13.53.58

『チ。-地球の運動について-』(魚豊/小学館)1巻より引用

これだ。これなんだ! 思わず、待ってましたと心の声が漏れる。

ラファウは合理主義だ。周囲の人間はバカだし、騙すことなんて簡単。後はレールを踏み外さないようにするだけ。この国では、異端者は火あぶりの刑にされる。

前作『ひゃくえむ。』から魚豊先生の作品を追いかけている読者は、この時点でフリが完璧に整ったことを確認したことだろう。魚豊先生による開会宣言がこのコマより告げられた。

そして、コマ内で使われている「チョロい」という言葉。

この漫画では古い時代が舞台となっており、作品を歴史ものとして表現しようと思うと、おそらく一般的にはあまり使われないであろう言葉だ。だからこそいいのだ。

この物語は歴史考証を正確に行い、その史実をなぞるだけの漫画ではないことが、前述の主人公の意外性と同時に、声高らかに宣言されたのだ。そんなさまつなことは物語の本筋ではないと。

この物語の主人公は

本作は少年ラファウの視点で始まる物語である。では、ラファウが主人公かと言われると、そうであるとも言えるし、そうでないとも言える。

思うに、この物語の主人公は、受け継がれる信念だ。

時に狂気ともいわれるような、登場人物の信念を貫き通す生き方は、感動を呼ぶ。この感動を媒介として、人から人へと信念は受け継がれていくのだ。

そして、その信念が受け継がれるのは作品の登場人物だけではない。

スクリーンショット 2021-01-25 1.55.48

『チ。-地球の運動について-』(魚豊/小学館)1巻より引用

まっすぐにこちらを見据える瞳は、この作品を読む読者にも問いかけているように感じる。

あなたが生きる意味、そして信念を。


この記事が参加している募集

読書感想文

マンガ感想文

ありがとうございます!漫画はもう買いましたか?
14
読みたい漫画が見つかる漫画のレビューサイト。隠れた名作も、超王道も。様々な業界で活躍する漫画レビュアーたちが、独自の切り口でおもしろい漫画を紹介します。Sponsored by DMMブックス(https://book.dmm.com