見出し画像

特別対談:『インベスターZ』三田紀房×堀江貴文 「自分が"ゼロ"だと認める。まずはそこからだ」

※本記事は、「マンガ新聞」にて過去に掲載されたレビューを転載したものです。(編集部)

【レビュアー/堀江貴文

常識に隠された「嘘」を暴く

三田紀房×堀江貴文


堀江: 刑務所にいたとき、三田さんの過去作をたくさん読んだんですよ。

三田: 過去作というと『エンゼルバンク』とかですか?

堀江: いやいや、もう『クロカン』とか『甲子園へ行こう!』とか、あのへんまで。

三田: へえー! それは嬉しい。

堀江: 出てきてからも『インベスターZ』や『砂の栄冠』を読みましたけど、とにかく「この人、どこまで甲子園が好きなんだろう」って(笑)。

三田: やっぱり高校野球って、定期的に描きたくなるサイクルがくるんですよ。

堀江: でも、三田漫画のテーマは一貫してますよね。世間で常識だと思われていることをひっくり返す、という。しかも、ただの「非常識」じゃなくって、ロジカルに常識の嘘を暴いていく。

三田: ああ、そうですね。

堀江: だから実際の甲子園に絡めていうと、開成高校の野球部なんかがいちばん近いというか。

三田: おお! それはマニアックな指摘です。

堀江: 普通は守備練習に力を入れるんだけど、開成高校は打撃練習ばっかりやるんですよね。守備は捨てて、打撃だけに集中する。

三田: あれって、「持たざる者」ならではの発想なんです。まず、開成高校には野球用の十分な広さのグラウンドがない。その環境で、中途半端に守備練習するくらいだったら、その時間を打撃に使おうと。打撃練習ならバッティングケージの中でできますから。10点取られても11点取ればいい、という発想ですよね。

堀江: おもしろい。

三田: 与えられた環境の中で「やること」と「やらないこと」をはっきりさせる。

堀江: それで東東京予選でベスト16とかまでいってるんですよね。

三田: そうなんです。守備はガタガタですけど(笑)。

「ゼロ」の自分を自覚できるか

堀江: 僕が『ゼロ』という本で伝えたかったメッセージも、まったく同じなんです。常識に縛られてる人たちに、もっと自由に自分のやりたいことをやってほしい。そのために僕がどうやって、どんなことを考えながら生きてきたのか、全力で書きました。

三田: 読ませていただきましたけど、とても面白かったですよ。シンプルで元気になれるメッセージがたくさん詰まっているかと思えば、ちょっと泣けちゃうような描写もあったり。

堀江: ありがとうございます。

三田: 僕が『ゼロ』を読んで思ったのは、人って「自分がゼロになった瞬間」を意識するのが難しいということなんです。

堀江: というと?

三田: たとえば大学受験で第一志望に落ちた。滑り止めの大学に入った。これって、本当は「ゼロ」になってるというか、自分をリセットするチャンスなんですよね。でも、ほとんどの人はゼロになった自分を認めずに、ぼんやりした「続きの人生」を生きてしまう。あの本を読みながら「自分がゼロになったのはいつだったんだろう?」と、すごく考えさせられました。

堀江: 僕の場合はゼロを意識する節目が多かったんです。

三田: そうですか?

堀江: たとえば私立中学に入学したときも、小学校のころは勉強しなくても成績が1番だったのに、中学だとあっという間に落ちこぼれになっちゃうんですよ。学力だけが自分のアイデンティティを支えていたのに、そこが足元から崩れ去る。プライドはボロボロで、さすがにゼロを自覚しますよ。

三田: なるほどなあ。

堀江: だから一発逆転を狙って東大を目指したんです。はじめて『ドラゴン桜』を読んだときには「俺のことが書いてある!」と思いましたから(笑)。

三田 ありがたいです。

東大受験とはベンチャー投資だ

堀江: 僕はいまでも学生には『ドラゴン桜』を奨めています。「東大なんて簡単だ」というテーマは本当にその通りだし、東大ほど世間的なレピュテーション(評価)と実像が乖離している大学はありませんから。

三田: 東大生はみんなそう言いますね。

堀江: どうせ1年間受験勉強に費やすのなら、東大ほどお得な大学はないんですよ。費用対効果はめちゃくちゃ大きいですから。

三田: たしかに「東大出身」という金看板で生涯にわたって得られるリターンは、途方もなく大きい。5万円の株が100万円になるようなものです。

堀江: 投資でいうと、僕もよく「どの株を買えばいいですか?」って聞かれるんですよ。でも上場株なんてダメなんですよね。同じ条件下で勝負するんなら、大きな資本を持ってるヤツが勝ちます。

三田: 素手で殴り合ってるようなものですからね。

堀江: そう。だからスタートアップのベンチャーに投資するのがいちばんなんです。でも世間の人は「ベンチャー投資なんてギャンブルでしょ?」と怯えてる。それもまた誤った常識で、僕はほぼ100パーセント当ててますから。

三田: 東大受験はベンチャー投資みたいな感覚なんですね。

堀江: はい。みんなが「東大なんて無理に決まってる」と敬遠しているからこそ、僕みたいな人間が入り込む余地が出てくる。

三田: そういう発想を高校時代から持っていたのは、まさに『インベスターZ』の世界ですね。

堀江: だからゼロベースで考えろということですよね。『ドラゴン桜』から『インベスターZ』まで、三田さんの漫画って常識を疑って、自分の頭で物事の仕組みを考えるところからスタートするじゃないですか。それができてない人が多すぎる。

僕がいま中学生なら絶対に投資をやる

三田: ちなみに、堀江さんの目から見て、『インベスターZ』はどうですか?

堀江: おもしろいですよ。だって、いま僕が中学生だったら絶対に投資やってますから。やらない理由がない。「元手がない」と言われるかもしれないけど、適当にアプリをつくって、その稼ぎを投資に回せばいいんですから。

三田: やっぱりそうきますか。

堀江: それで最終的には自分でベンチャーをたち上げます。

三田: もともと『インベスターZ』の出発点は高校野球だったんですよ。『砂の栄冠』の取材で、とある甲子園の常連校を訪ねたのですが、練習を見学して夜に監督さんや部長さんと食事をしながらいろんな話を聞いたんですね。すると、「新入生が定員割れで困っているんですよ」と言うんです。僕からすると「えっ、あの名門校が?」という感じなんだけど、教職員の給与さえ危ういレベルで。

堀江: ええ。

三田: いま私立高校の経営は「私学助成」といって、国からの助成金ありきで成立している。そして助成金をもらうためには、文部科学省の定めるカリキュラムや校舎の設置基準を満たし、「公の支配下」に置かれる必要がある。でも、それだと真の意味での「自由な教育」ができないんですね。私学が私学である意味がない。じゃあ、どうすれば国に頼らず自由な教育ができるか。

堀江: そこで投資ですか。

三田: そうなんです。莫大な資産を運用して、その利回りで学校経営をする。しかも、大人が運用するんじゃなくって、秘密の「投資部」をつくって天才投資チームの子どもたちにやらせる。

堀江: その天才投資チームという発想はおもしろいですよね。あんまり聞けないんですけど、物語は今度どう展開していくんですか?

三田: じつは、主人公の財前君が……(※極秘)……という展開になっていくんですよ。

堀江: なるほど、おもしろい!

三田: おもしろそうでしょ?

堀江: ええ。単なる投資漫画じゃないのがいいですね。

三田: けっこう大きな展開になっていきますよ。

堀江: やっぱり、そういう漫画家さんの若さとか好奇心はすごいですね。僕の知ってるベテランの有名漫画家さんなんて「自分の夢は長澤まさみちゃんと堀北真希ちゃんを左右にはべらせることだ」と豪語してて。

三田: ……その人、知ってる気がします(笑)。

堀江: 20代の草食系男子に聞かせてやりたいですよ(笑)。ああいうバイタリティを持った人が世の中を変えていくんで。

小利口なヤツになるな!

三田: その意味では、若い人の元気が足りない気はしますね。

堀江: 僕も最近、講演会で「夢がないんですけど、どうしたらいいでしょう?」と聞かれるんです。

三田: ああー、多いですね。

堀江: でも、それって夢から目を背けてるだけなんです。「堀北真希ちゃんと付き合いたい!」なんて、すっごくわかりやすい夢じゃないですか。そういう夢は誰だって持ってるはずで、「だったら、彼女と付き合えるだけの男になれよ」という話で。

三田: 僕も講演会に行くと「もっと身の丈に合った目標を掲げたほうがいいと思うんです」とか言われるんです。そこで僕が聞き返すのは「その身の丈って誰が測ったの?」ということ。要するに、自分で限界を決めてるだけなんですよ。失敗するのが怖いから。

堀江: 失敗した人を見て「身の丈に合わないことをしたから失敗したんだ」とか批判する人がいるけど、それは絶対に違うんです。むしろ成功する人は、みんな身の丈に合わないチャレンジをしてるんですから。

三田: そこに気づいた人は東大を受験して、気づかない人はA判定が出た大学しか受けない。

堀江: よく言うんですけど、世の中の社長ってみんな「バカ」なんですよ。僕の周りにいる経営者も、本当の天才なんてほとんどいない。「そんなので大丈夫なの?」と心配になるくらい、抜けてたりする。でも、行動力だけはズバ抜けてて、そういう人たちが世の中を動かしてるんですよ。とんでもない天才か、とんでもない大バカか。中間の「小利口」な人たちは経営者にならない。みんな無難な道を選ぶんです。

三田: なるほど。「小利口なヤツになるな!」はわかりやすいメッセージですね。

堀江: 天才じゃなくてもいいから、行動できる「バカ」になってほしい。

三田: そして大事なのは、勇気を持って行動した「バカ」な人たちを応援できる社会。結局、それが「投資」ということですから。

(「週刊Dモーニング」2014年14号より転載)


ありがとうございます、そしてあなたの好きな漫画も教えてください。
読みたい漫画が見つかる漫画のレビューサイト。隠れた名作も、超王道も。様々な業界で活躍する漫画レビュアーたちが、独自の切り口でおもしろい漫画を紹介します。Sponsored by DMMブックス(https://book.dmm.com