見出し画像

理想の結婚相手が気心知れた同性の親友だった件『親友王子と腰巾着~推しの王子に求婚されて困ってます~』

【レビュアー/澤村 晋作

本書の帯が、まさに一言で本作を表していますので序文に代えて引用します。

「呪いで女になったら俺サマ王子に求婚されて」

そんな一風変わったラブストーリーでございます。

体は女性で心は男性の主人公と親友王子の精神的BL

本作の主人公は、王子の近習(きんじゅ)であるレノア(男)です。

幼い頃から王子に付き従う、いわば王子の腰巾着

親からは「お前は王子の為に生まれて来たんだよ」と教育されていることもあって、根っからの太鼓持ち体質です。

しかし、才能豊かながらそれゆえに何かと問題を起こしがちな王子を、自分が憎まれ役になってでもフォローしたりもしてきた親友です。

そんな彼ですが、ある貴族の令嬢が、振り向いてくれない王子に呪いをかけようとした際、王子をかばって呪いを受けてしまいました。

その呪いのせいで女になりました。

そしたら王子から求婚されました。

肉体が女性になったとはいえ、レノアの心は男性です。

つまり、本作は精神的BLというわけです。

親友という長年の理解者だからこそ、知っている「ツボ」

そもそも、貴族令嬢たちからの過剰なアプローチや、そういった令嬢同士の争いなどを見て来たこともあってか、王子は女性不信をこじらせていました。

そこに、自分を深く理解してくれている女性が現れました。

レノアです。

中身は男ですが。

王子はそんなことは気にしないので、ぐいぐいアタックしてきます。レノアは、心は男なわけですから、なんとかこれをかわそうとします。

しかし、親友ですから王子のツボもわかっています。

悲しいかな、染みついた腰巾着の習性から、天然で王子を喜ばせる格好をしてしまったりします。紐パンとか。

自分の性癖を熟知した上で、それに乗っかってくれる女性――

王子からすると、どストライクなわけです。

よりアプローチが強くなるのも自明の理でしょう。そんな、どんどんドツボにはまっていくレノアが魅力です。

呪いを消せるアイテム登場で揺れ動く感情

さて、王子のアプローチを拒み続けるレノアですが、その間にも外堀は埋まっていきます。

他の貴族令嬢たちからも「他の女に盗られるよりマシ」だとして、応援される始末。

肝心のレノア本人も、王子の立ち居振る舞いや、親友だからこそ知る内面に、恋愛対象として惹かれていることを否定できなくなっていきます。

そんな中、レノアの呪いを消すことができるアイテムを王子が手に入れて――

二人はどうなっちゃうのでしょうか?

そして、僕はどういう感情でこの物語を見ているのでしょうか?

わからない……でも面白い。

男女ともにオススメできる作品です。


嬉しいです!
2
読みたい漫画が見つかる漫画のレビューサイト。隠れた名作も、超王道も。様々な業界で活躍する漫画レビュアーたちが、独自の切り口でおもしろい漫画を紹介します。Sponsored by DMMブックス(https://book.dmm.com