見出し画像

「ドラゴンクエスト」の数少ないアダルト成分と言えば「ぱふぱふ」と…そう、『ゆうべはお楽しみでしたね』

※本記事は、「マンガ新聞」にて過去に掲載されたレビューを転載したものです。(編集部)

最近公開された映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の効果か、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(以下ドラクエ5)が現在、有料アプリランキングで1位になっています。

ドラクエ5ではサブタイトルの通り、花嫁を決めるイベントがあり、「ビアンカ派・フローラ派」論争として今なお熾烈な舌戦が繰り広げられております。(リメイク版からは第三の花嫁・デボラも加わり、議論に一石を投じています)

余談ですが、竹谷は5回プレイし、ビアンカ2・フローラ2・デボラ1です。

さて、恋愛や結婚といった大人なイベントがゲーム内に盛り込まれているドラクエ5ですが、初代『ドラゴンクエスト』にも大人な台詞が出てきます。

姫を悪のドラゴンから救出し、王の元へお連れする前に宿屋に泊まると、翌朝になって店主から「ゆうべは おたのしみでしたね。」と言われます。

そしてその名台詞をそのままに、『ゆうべはお楽しみでしたね』というタイトルのすばらしい漫画があります。現在『NとS』や『ラララ』を連載されている金田一蓮十郎先生による作品です。

見知らぬ男女がルームシェア、いったい何をお楽しみするのか…!?

結論から述べると『ドラゴンクエストX いばらの巫女と滅びの神』(以下ドラクエ10)です。

ドラクエ10は、ドラゴンクエストシリーズ初のオンラインゲームで、たくさんのプレイヤーがアストルティアという世界を歩き、救います。

そのドラクエ10で知り合って仲良くなったプレイヤー同士が、お互い性別を勘違いしたままルームシェアの話を進め、いざ会ってみたらなんと……! というところから2人のお話は始まります。

かたや引っ込み思案なオタク・パウダー、かたやサバサバ系ネイリスト・ゴロー。

まったく正反対な2人ですが、ドラクエ10を一緒に楽しみ、互いを少しずつ知っていきます。

ドラクエ愛に満ち溢れた漫画。ドラクエ好きも、これからドラクエに触れる方にも!

現実パートとゲームパートでストーリーは進んでいくのですが、作者の金田一蓮十郎先生が実際にドラクエ10をプレイされていることもあって、描写の随所にドラクエへの愛を感じます。まったくドラクエを知らない人が読んでも「ドラクエ10、面白そう!」と思うはずです。

かくいう竹谷も『ゆうべはお楽しみでしたね』を読んでから、ドラクエ10を始めました。超面白いです。種族はプクリポで職業は僧侶をしています。

先日ドラマ化(ドラマの公式サイトはこちら)もされましたので、ドラマから入ってみるのも面白いかと思います。(ゴローさんは実写でもマンガでも可愛すぎます!)

もちろん、ドラクエを抜きにしても、2人のルームシェア生活をちょっとニヤニヤしながら読める作品です。金田一蓮十郎先生の漫画は、どのキャラクターもかわいくて最高ですね!

『ゆうべはお楽しみでしたね』はフルカラー版も出ています!

WRITTEN by 竹谷 彰人
※「マンガ新聞」に掲載されていたレビューを転載
※東京マンガレビュアーズのTwitterはコチラ


この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
4
読みたい漫画が見つかる漫画のレビューサイト。隠れた名作も、超王道も。様々な業界で活躍する漫画レビュアーたちが、独自の切り口でおもしろい漫画を紹介します。

こちらでもピックアップされています

ミリアッシュ竹谷の書いた記事たち
ミリアッシュ竹谷の書いた記事たち
  • 31本

会社チームブログや東京マンガレビュアーズにて書いた記事をまとめています!本職はイラスト・ゲームイラスト制作会社ミリアッシュの代表です!!