見出し画像

海のように深く、満ち引きある言葉の楽しさに溺れよう。【レビュアー・竹谷彰人】

名は体を表す。そんな言葉があります。

「主人公に自信がある漫画は、タイトルがその漫画の主人公になる」といった話も聞いたことがあります。

この東京マンガレビュアーズの名前もそれと同じ。レビュアーに自信があるからこそ、この名前なのです。

というわけで、これから東京マンガレビュアーズのレビュアーさんを紹介していきたいと思います。

第1回目のレビュアー紹介は竹谷彰人さんです。

竹谷彰人さんレビューの魅力

その豊富な知識と教養で、様々な情報や別作品を紐付け、わかりやすく作品の良さや楽しさをレビューしてくれます。見事に漫画ネタ、ゲームネタ、アニメネタを盛り込み、自分ネタを絡めオチをつけるのは、もはや職人芸です。長文レビューでもスラスラ読めるくらい楽しく、別知識までついてしまう…それでもちゃんとレビューされている漫画も読みたくなる。そんな竹谷節が炸裂するレビューです。

毎回真摯に対応してくださり、大変ありがたい限りです。大勢いるとはじの方をキープするすみっこぐらしな竹谷さん。まれにびっくりするほどの長文をくださり、編集部でガッツリ削っても怒らない優しさを持っています。編集長は「本心がみえない…」と言っていたことがありました。彼は海のように深い男なのでしょう。

絶対読んでほしい竹谷レビュー!

『鬼滅の刃』
ビッグネーム作品のレビューはとても難しい。みんなが読んだことがある作品ほど、すでに知っている情報が多いため、独自の切り口が必要です。2020年の今、爆発的に読まれている『鬼滅の刃』をこの切り口で読み解けるのはやはり凄い。骨太な内容でも楽しく読めるのは、読む人に対して、竹谷さんが炭治郎ぐらいやさしいからだと思います。

『一線こせないカテキョと生徒』
冒頭で思わず吹き出してしまいました。こんなレビューありなの!?と編集者として拝読する時の思いが吹き飛ばされ、いち読者として一気に引き込まれたレビューでした。笑いをこらえて編集した自分を褒めたい。最後の方は結局吹き出してしまいましたが。自分の負けです。

竹谷さんの普段のお仕事

竹谷さんの肩書は株式会社ミリアッシュ 代表取締役社長です。株式会社ミリアッシュはイラスト・ゲームイラスト専門で制作を行っている会社。HPを見ていただけると分かるのですが、ワクワクするようなイラストがいっぱいですね!

ご本人の一言コメント

この度TMRレビュアー紹介の第一弾にお選びいただく誉れに浴しました、竹谷と申します。
ご称賛を拝受している中まったく気の利いた言葉が浮かばず恐縮ですが、編集部の皆様にはシュラスコビュッフェの如く自由で我侭な竹谷のレビューをご確認いただいており、感謝しかございません。
どうしてもレビューを短くできず、お読みくださる方々の時間を多めに頂戴してしまっておりますが、その分ちょっぴりスパイシーな読後感を覚えていただけるよう努めて参りますので、どうか末永いご愛顧を賜れますと幸いです。
かつて香辛料が世界を激動させたように、竹谷のレビューの妙な香りが、漫画好きの世界に良い変化を生み出せたらと思います。

WRITTEN by タカハシ東京マンガレビュアーズ編集部




この記事が参加している募集

読書感想文

マンガ感想文

ありがとうございます!漫画はもう買いましたか?
11
読みたい漫画が見つかる漫画のレビューサイト。隠れた名作も、超王道も。様々な業界で活躍する漫画レビュアーたちが、独自の切り口でおもしろい漫画を紹介します。

こちらでもピックアップされています

TMRレビュアーファイル
TMRレビュアーファイル
  • 2本

東京マンガレビュアーズは、その名の通り「マンガ」と「レビュアー」が主役の漫画レビューサイトです。こちらでは所属レビュアーとそのレビュアーの必読記事をご紹介いたします。