見出し画像

ゲームが楽しくて現実がつらい理由をオシッコで解説『マンガで分かる心療内科(19)ゲーミフィケーション編』

【レビュアー/ミヤザキユウ】

ゲームだけやって生きていたい

ゲームだけやって生きていきたい…仕事したくない…そんなことを誰もが思ったことがあるんじゃないでしょうか。

そうした願望は一昔前なら、何をふざけたことを…と一蹴されたかもしれませんが、現代ならあながち不可能ではありません。e-sportsが盛り上がりの兆しを見せており、職業としてプロゲーマーになって活躍している人も出てきています。

しかしながらそれはそれでゲームだけやっていればいいだけではなく、激しい練習、PR戦略の策定といった高度なタスクが発生してくる立派な仕事です。現実は甘くないってわけですな。

ですが、それでも諦めるのはまだ早いです。ゲームの良さをどうにか現実にも持ち込んじゃおう!という人が考えたゲーミフィケーションという手法があります。ゲームだけやって生きるわけにはいきませんが、ゲームのように生きるのは可能かもしれないのです。

本作『マンガで分かる心療内科 ゲーミフィケーション編』は、そんなゲーミフィケーションの入門書に最適な一冊です。

なぜゲームは楽しく、現実はつらいのか

本書によればゲーミフィケーションの肝にあるのは、「なぜゲームが楽しいのか」というカラクリです。

それは、目標・可視化・報酬の3つ。ゲームにはこの3つがあるからやる気をもって楽しめるといいます。

画像1

画像2

『マンガで分かる心療内科(19)ゲーミフィケーション編』(ゆうきゆう/ソウ/少年画報社)より引用

たとえばゲームでは魔王を倒す、など目標がはっきりしているから行動がしやすく、やる気が出ます。

ステータスが数字になって可視化されているので、アクションの方針も立てやすくてやる気が出ます。

そして、モンスターを倒したら経験値やお金がもらえたりするなど、分かりやすい報酬があってやる気が出ます。

ゲーミフィケーションとは、こうしたゲームにおける「やる気が出るカラクリ」を現実の仕事や生活に持ち込む手法なのです。

逆に考えると、これらがないと現実はつらい、とも言えますね…。

ルールをつくることと、それに身体を従わせること「オシッコのしかた」でわかりやすい

本書ではそんなゲーミフィケーションを実践するためのテクニックが数多く描かれていますが、なかでもユニークなのが「オシッコのしかた」です。

僕はけっこうこれを経験したですが、テレワークだとついついトイレ行っちゃいませんか?作業中になんだかむずむすして、トイレ行って、それで集中力が切れちゃう…という感じ。地味ですが、仕事の効率を損なっています。

でもこの作品によれば、トイレはよっぽどじゃない限りは我慢するのが良いそうです。正常な膀胱であれば、一回の排尿で300ml(缶ジュース一本分くらい)なんだとか。逆にいえば、それくらいまでは我慢しても問題ないのです。

画像3

画像4

『マンガで分かる心療内科(19)ゲーミフィケーション編』(ゆうきゆう/ソウ/少年画報社)より引用

ちなみに、なぜオシッコをフィーチャーしたのかというと、これこそがゲーミフィケーションの真髄に大きく関わると思ったからです。

つまり、ルールを決めて、それに身体を従わせるということ。最初はメカニズムを理解しなくてよくて、とりあえず実践して身体に染み込ませれば、それが新しいリズムになります。

とにかくダマされたとも思ってやってみて!案外いい感じだからぜひ!そんなゆるさでいいことを教えてくれるのが『マンガで分かる心療内科(19)ゲーミフィケーション編』なのです。

WRTTEN by ミヤザキユウ
※東京マンガレビュアーズのTwitterはコチラ

この記事が参加している募集

読書感想文

マンガ感想文

嬉しいです!
13
読みたい漫画が見つかる漫画のレビューサイト。隠れた名作も、超王道も。様々な業界で活躍する漫画レビュアーたちが、独自の切り口でおもしろい漫画を紹介します。