東京マンガレビュアーズ

読みたい漫画が見つかる漫画のレビューサイト。隠れた名作も、超王道も。様々な業界で活躍する漫画レビュアーたちが、独自の切り口でおもしろい漫画を紹介します。

「女装おじいさんの爺L」は、真実の想いが生んだ、世界で一番優しい嘘だった『スカートをはいたおじいさん』

【レビュアー/兎来栄寿】 「おじいさんの女装」 「おじいさん同士の恋愛(爺L)」 タイトルや表紙絵、簡単な内容だけ垣間見ると、奇異に映るかもしれません。しかしながら…

荒木飛呂彦の初連載『魔少年ビーティー』の60年後を描いた『魔老紳士ビーティー』に、西尾維新と出水ぽすかの原作への敬意と異常…

【レビュアー/松山洋】 「我々はこの老人を知っているッ!!」 そんな出だしの漫画が懐かしくもウルトラジャンプ最新号に掲載されました。 『魔老紳士ビーティー』です…

世渡りベタなバブル世代に降りかかる理不尽な仕打ちがつらすぎる『ティラノ部長』【堀江貴文の月イチ漫画レビュー】

【堀江貴文の月イチ漫画レビュー】は、漫画を愛する堀江貴文氏が超多忙を極める合間に読んでおもしろかった作品を毎月レビューするコーナーです。長文レビューもあれば超短…

性に操られ、女性をみにくく汚して生きていく男たちにサヨナラ『先生の白い嘘』

※本記事は、「マンガ新聞」にて過去に掲載されたレビューを転載したものです。(編集部) 【レビュアー/堀江貴文】 世の中は意外に倒錯したトラウマだらけの性癖をもっ…

バブルの喧騒のなか、伝説のテレビ番組「11PM」のグルメコーナーが漫画になった『セイシュンの食卓』

※本記事は、「マンガ新聞」にて過去に掲載されたレビューを転載したものです。(編集部) 【レビュアー/堀江貴文】 花のズボラ飯へと続く手抜きグルメを描いた漫画の系…

「やりたいことと向いてることが違う」迷い悩む生徒に向けた、先生の優しい助言とは『吉祥寺少年歌劇』

【レビュアー/bookish】 町田粥先生の『吉祥寺少年歌劇』(祥伝社)は、吉祥寺にあるとされる架空の歌劇団を目指す少年が学ぶ音楽学校を舞台にした青春劇。舞台人の悩みと…